自分で限度額を決めて、カードローンを安心活用

夫婦で自営業をやっているわが家では、収入支出のすべては店の帳簿で管理されています。売り上げに応じて夫婦それぞれの「おこづかい」を決めていますが、月によってはどうしてもそれでは足りなくなることも、少なくありません。

 

そんなときの心強い「もう1つのお財布」が銀行のカードローン。これは私が店の口座とは別に持っている都市銀行のもので、妻には内緒にしています。「今月のこづかいでは足りない。来月と再来月は少し余裕があるだろうから、それまでのつなぎにちょっと利用しよう」という感じで使っているのです。

 

これは毎月の給料が決まっているサラリーマンではできないことでしょう。ただし、自分なりにルールを決めています。それは限度額。銀行の審査で決められた利用限度額とは別に、自分の限度額を頭の中で設定しているのです。

 

たとえば限度額が50万円だった場合、マックスまで借りてしまうと、とても月のこづかいでなんとなすることはできなくなります。銀行のカードローンは利率がけっこう高いですから、毎月利子ばかり払い続けることにもなりかねません。なので、私は「マックス10万円。何か不測の事態が起きて緊急避難的に利用する場合でも、20万円が限度」と決めたのです。

 

実際には数万円の範囲で借りては、2~3か月で完済していますから、利息もそれほどの負担にはなりません。これが私のカードローン利用法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>